慎重に選ぶ必要がある婚約指輪|トレンドを抑えてリングを買いたい

一生ものの指輪

夫婦

トラブルに強い信用度

宝の持ち腐れにしないために、外出時に身につけるケースも見聞きされる婚約指輪。男性がデザインを選び、サプライズとして女性に渡すケースが一般的です。婚約指輪は、デザインの関係上、ダイヤモンドなどの宝石を留める爪や溝などの境目に汚れが溜まりやすくなる傾向がありあます。身につける回数や環境によって曇りなどのトラブルを招きやすくなるため、アフターケアが重要となります。現在、ブランドや専門店によって受けられるサービスが異なっており、クリーニングに料金が発生するケースも挙げられています。結婚指輪と比較した場合、予算や購入金額も高めの水準になるのが、婚約指輪の特徴です。指輪への信用度を高めるため、一生ものとなる婚約指輪に対して保証期間を設けているジュエリーショップショップも出てきています。長く愛用できるサービスを付帯し、長く付き合えるブランドや専門店となれるように、ジュエリー業界は変化しつつあるのです。

変形する状況

婚約指輪は結婚指輪と異なり、女性のみが身につける指輪で、華奢な指に映える繊細で細身のデザインで仕上げたタイプが人気を呼んでいます。素材に強度があっても、重い荷物を長時間持ったりすることにより、傷だけでなく変形も起こる場合があります。そのことで、デザインまでが崩れてしまう可能性も出てきます。近年、婚約指輪と結婚指輪の両方を重ねて身につけるケースが増えています。そのため、金属疲労を重ねないように日常生活において手元を意識する必要が挙げられます。近年は、ピンクゴールドなどの素材を用いた婚約指輪も若い世代に支持されていますが、純度によって変色しやすくなっています。特に婚前旅行などでは温泉に行くケースが見聞きされるものの、温泉に含まれる硫黄成分に反応し、変色してしまうケースも散見されます。温泉に入浴する際には、外しておくというのも長持ちさせるコツと言えるでしょう。